「マーブル・アーチの風」コニー・ウィリス

| コメント(5)

次のコニー・ウィリスは、裏表紙にロンドン地下鉄MAPが描かれてある「マーブル・アーチの風」、日本オリジナル短編集です。地下鉄マーブル・アーチ駅はセントラル・ラインでボンド・ストリート駅の隣。メジャーなショッピング・ストリートであるオックスフォード・ストリートはここから始まります。倫敦行った時は、メリルボーン駅からベーカー・ストリート駅まで歩いてから南下したので、マーブル・アーチは行きませんでした。ググってみると真っ白い門がありますね。この白亜の大理石の門=マーブル・アーチは、ヴィクトリア女王を記念して建てられたとか。NYのワシントン・スクエア・アーチ(こっちは普通の石)よりも高さが低いけど素敵な門だわ、うーん♪今度は是非行こう。

さて、表題作「マーブル・アーチの風」は、20年ぶりにロンドンを訪れたトムとキャスの夫婦のお話。ロンドンの地下鉄を愛するトムは、駅構内で奇妙な爆風に襲われます。しかも他の誰も気づいていない、おかしい。と思ったトムは、気味の悪い「風」の謎を解明しようと奔走します。が、本来の目的の大会(カンファレンス)や久しぶりの友人との会食や妻希望の芝居の切符取りなどで超多忙。トムは知恵をしぼって、いかに効率よく目的の用事を済ませるか必死に考えながらロンドンの地下鉄を乗りまくります。ピカデリーラインでここ行って乗り換えてここに出ればどこそこのチケット売り場に間に合う、その後また何々ラインに乗ってどこどこホテルまで戻り……という大慌てな行程すべてが、手にとるようにわかるってスバラシイ。地下鉄の駅と駅の距離感や、雰囲気や匂いまで思い出したりして。

といってストーリーはコメディではなく、夫婦間のちょっと軋んだ空気を漂わせていき、ミドルエイジ・クライシスの重苦しさが地下鉄の異様な「風」に喩えられ、夫婦の年月や距離感を浮き彫りにします。重い話になるのかなと思いきや、なんとも気持ちのいい締めくくり方。コニー・ウィリスって上手いな〜とひとしきり感心でした。

他の短編もすべて面白くて。侵略SFコメディの「ニュースレター」、ほんわかラブコメの「ひいらぎを飾ろう@クリスマス」、そしてスリリングなラブコメ冒険もの?の「インサイダー疑惑」など、映画になったらいいのに…と思うほどキャラクターが立っている逸品ばかりです。一番好きな作品は、ばかばかしい魅力に満ちた「ニュースレター」でした。これと「ひいらぎ…」はクリスマス・ストーリーだし、読後が爽快な気分になれるのでプレゼントにいいかもしれません。

すっかりコニー・ウィリスに夢中のワタクシ、現在は「ドゥームズディ・ブック」を読み始めています。「最後のウィネベーゴ」も待機中。通勤電車timeが楽しい楽しい。

コメント(5)

あれ?オレpostmanでいいんだっけ?
お久しぶりです。

ほとんど小説を読まない私ですが、最近「宮部みゆき」なんぞ
を読んでます。面白いですが、ミステリー、unagと語り合うほど
の感想を有しておりませんのでスルーします。

ほほう、ビートルズファンとは!守備範囲広っ!
でも私はunagと語り合うほど詳しくないのでスルーします。

この英国旅行の件でお宅の旦那と何度かメールしたのですが、
旦那の返信がほんとツマラナイ、マジ面白くないので
全般的にスルーします。

最近「jericho」にはまってます。
ポストジョニーデップ(古っ!)のスキートウーリッチに
やられてます。こんなは虫類系だっけ、この人?
つうか、セカンドシーズン途中で打ち切りなんじゃんこれ。
なんとかコンプリート出来そうです、、、。

じゃ近々ホルモンで。


postmanさん

久々のコメントありがとう〜。
コメントアップに時間かかっちゃったでしょ、スミマセン。。。

ミステリーは是非ジェフリー・ディーヴァーを。
あ、旦那がギレルモ・デル・トロの「ザ・ストレイン」を読んだよ。
こっちのほうがpostmanさん向きかな。
パンデミック・スリラー。続編もあるみたい。

>マジ面白くない
爆笑。基本的にメールで感情を出さないからねw
ジギー・スターダストごっこしたときは楽しそうだったんだけどな@英国で

「ジェリコ」面白そうだなー。レンタルも始まってるね。
ウチはまだターミネーター(サラ・コナー)2ndも観てないよ。
ヒーローズも途中だし。

postmanさん、twitterやらないの?
右上のチラチラしてるやつ。

じゃ、またホルモンで。

「jericho」
「lost」なんかにくらべると今一詰めが甘いんだけど。
アシュレイスコットも出てるし、まあいいか。今後、
極悪の民間軍事会社(PMC)のDBスィーニーも出るらしい
ので楽しみ!つうか、それが一番楽しみだ!

twitter面白い?楽しみ方が今一解らないんですけど。
今度教えてよ!
私、その昔「-宙」に挑戦したも長続きせず。

実際「おっさんだからなー」なう。

Lostも後半は結構グダグダなんじゃない?>友達の感想
DBスィーニーはいいね!それはいいキャスティング。
今度つたやに行ったらチェックしてみます、ジェリコ。

>twitter
私も最初はわからなくて放置してたけど、
気がついたらいろんな人がやっていて。
トムトムとかティム・バートンとか、エドワード・ノートン先生とか、HEROESの役者の今がわかって面白いよ。

>「おっさんだからなー」なう
それそれ(笑)
そんなこととか、こんなバンパイア映画が良かったとか、
つぶやいてよねwww

このブログ記事について

このページは、unaがOctober 30, 2009 12:42 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「翻訳ミステリー大賞シンジケート」です。

次のブログ記事は「「ソウル・コレクター」ジェフリー・ディーヴァー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。